2016年10月31日

動物の日

先週のことですが、久々に会う友達と雲南料理店でランチしました。

そのお店のオススメであるキノコの炒め物を注文したら、

1.jpg

牛さんの背中に乗ってやってきました。ドナドナド〜ナ〜ド〜ナ〜〜〜
この牛さん欲しい、と本気で思ってしまいました。悲哀たっぷり。でもカワイイ。

そして家に帰る時、いつもの駅の違う出口から出てみたら、

2.jpg

なぜかウエディング街に出てしまいました。しかもドレスの下にはがいる・・・。


3.jpg

ほーら、キレイな白猫でしょう?しかし、私むっちゃ警戒されてるな。(^^;


タグ:上海
posted by サラミ at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月16日

南外灘でランチ

サラミ夫が余りまくっていた有給をやっとこさ取った金曜日、
どうせだから平日ランチをやっているお店に行こうということに。

というわけで、中山東二路22号のイタリアン・レストラン
BOCCAにやってまいりました。

  *ここの住所を外灘22号とする表記をよく見るのですが、
    確か北側の中山東一路22号(=和平飯店)も外灘22号なのですよ。

    外灘は延安東路の北が中山東一路、南が中山東二路です。

実は、ここまで来るとものすごくなわけでして、
ここからもうちょっと南下すると豫園です。

私個人的には、素敵な外灘の歴史的建築群というのは
延安東路より北側だと思っているのですが、それはまあ置いといて。

南外灘はれっきとした外灘です。


1.jpg

午後1時前に到着したら客はほぼゼロ。とても景色のよい窓際に案内してもらいました。

金曜日は最高気温17℃というお出かけ日和で、窓を開けても暖かいくらいでしたが、
いかんせん大気汚染が凄まじい今日この頃の上海、浦東の高層ビルの景色もネズミ色です。


2.jpg

ほーら貸切状態。


3.jpg

クリスマスに外食すると混み合うから、今日クリスマスということにしてしまえ。
という合理的な(?)サラミ夫の意見により、昼間からグラスワインを頂きました。


ワインは、「New World」から選ぶとボトルで320元位からありました。
外灘でこのお値段は安い。(味の方は分かりませんが。)

せっかく夫と平日に来たので、アラカルトではなくランチセットを注文。

前菜+本日のスープ+パスタかビザ+ソフトドリンク
前菜+本日のスープ+メインディッシュ+ソフトドリンク

の2つを注文し、2人でシェアしたいと言ったら、ちゃんとそういう風に
セッティングしてもらえました。



4.jpg

セットの本日のスープ。ガーリックとローズマリーが効いてます。
ドリンクは夫がコーラ、私はソーダウォーターを。


5.jpg

3種類の中から選んだ前菜2つ。太刀魚のカルパッチョと、手前は牛肉のタルタル&ルッコラ。
牛肉のタルタルはユッケみたいな感じ。真ん中はよく分からず・・・。


6.jpg

カルパッチョは(と勝手にそう呼んでるけどメニュー名は忘れた)惜しいことに少しだけ生臭さが。
それもあってか結構濃いめの味なのですが、美味しさは牛肉タルタルより絶対こっち。
このピンクペッパーが美味しい!でも、お魚ってやっぱり難しいのかな。


7.jpg

訳すと、生のトマト&水牛のモッツァレラチーズのスパゲティ。美味しかった〜。
パスタは手打ちなんでしょうか。1ミリくらい太めな感じで、アルデンテとはまた違う強いコシが◎。

モッツァレラチーズって基本は水牛のはずなので、わざわざ「水牛の」と付けているということは、
うちのは本物のモッツァレラチーズ使ってます。というアピールなんでしょうね。

そんなに牛乳で代用のモッツァレラって多いのか?(料理苦手なのでよく分からん・・・)


8chiken.jpg

こちらはメインの鶏肉withポルチーニ茸。(←ヘンな日本語)

パサつきがちな鶏胸肉ですが、これは美味しく頂けました。イエローパプリカも甘くて美味しい。

サラミ夫は重いソースが苦手なので、このポルチーニ茸のソースはダメだったようですが、
私は全く問題なし。ポルチーニ茸の香りは全くしませんが。


でも、夫の好みを考えたら、メインはスズキを選んだ方がよかったかも。

全体的には、付け合わせのパン(特にジンジャーブレッド)も美味しかったし、
お腹いっぱいで大満足でした。(ワイン飲んだせいもあるでしょう。)

店員さんのサービスも良くて、ゆったりした気分で過ごせました。

この内容なら、向かいのel willyのカジュアルなランチより絶対こっちに来たいな。
(とはいえ、el willyのランチはさらに激安で単純比較できませんが。)



8.jpg

アールデコのインテリアに少しモダンな絵。

一階にはオーダーメイドのドレス屋さんやらHenry Antique(亨利古典家具)やら。
Henry Antiqueは残念ながら閉まっていました。見たかったな〜。

BOCCAは外灘の北より値段設定も低めなので、この雰囲気でこの値段はお得です。
難を言えば、場所がちょっと不便。でもそれゆえの価格、かな。

また食べに来たいな。



タグ:上海 中国 外灘
posted by サラミ at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

沈んでいる?

最近お気に入りの七叶和茶(Nana's Green Tea)。

初めて白玉あんみつ焙じ茶ラテなるものを注文してみました。
アイスとホットがあるそうですが、アイスだと白玉が硬くなるのでホットを注文。


houjicha.jpg

そして受け取ったのがこれ。ただの焙じ茶ラテか?

お店のお兄ちゃんに「白玉とあんがないけど?」と指摘したら、

「下の方に入っている。」と衝撃的な一言が。

そーっとスプーンで底をすくってみたら、無事白玉を発見しました。

こしあんは・・・?

あったあった!確かに底に沈んでました。でもホットなので溶け出してました。

やっぱりビジュアル的にも、白玉とこしあんは上に乗っかってて欲しい。(涙)

タグ:上海 中国
posted by サラミ at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月16日

福臨門

私は自分の味覚に自信もないので、
「どこどこに食べに行きました。」
という話はめったにブログに書かないのですが、ま、たまには。

サラミ夫とはいつも同じところにばかり点心を食べに行ってしまうので、
今度は新しいところに行こう!と行って参りました。

福臨門@浦東シャングリラホテル

日本にもあるので有名ですね。高級広東料理店です。

浦東シャングリラは、ホテルが乱立する上海の中では、
ちょっと前からある「上質でまともな」ホテルだと思います。


1inside.jpg

福臨門も高級店のはずですが、大陸らしく客の服装がカジュアル。

ずーーーっとデカいノートPCのキーボードを打ってる子供もいたりして、
私が親ならブン殴ってでもやめさせるけどな。
などと思ったり。

そもそも、なんでタブレットじゃなくてノートPCなのか。


2flower.jpg

なんかもう、写真ことごとく失敗しました。すいません。

店内の生花の装飾は超オーソドックスでした。
この卓上のバラなんてオアシスにただ挿しました、みたいな。
なんかスカスカでオアシス丸見え。

でも、このヘンの保守的な感じが中国の昔からあるホテルって感じで、
私としてはキライではありません。


3source.jpg

いきなり食べてしまった写真ですいません。
最初に出される豆板醤ですが、これがむちゃくちゃ美味しい。

売っていたら買いたいほどでしたが、ホテルオリジナルの豆板醤だと
お値段も張りそうだったので、売っているかどうかは聞きませんでした。


4dimsum.jpg

そして注文の品が来ました。海老蒸し餃子小龍包

海老蒸し餃子がプリップリ!今までで一番おいしい。(そして一番高い。)
さすがはみんなが噂する福臨門。噂だけのことはあるぞ。

そして小龍包。中のスープは塩気があまりなくてとても薄いのですが、
よくある広東省のスープのように、じわ〜っと出汁が効いています。

一体何で出汁を取ったらこんな味になるのだ?
とても上品な味でした。豚肉の臭みも全くないし、満足です。


5shumai.jpg

そしてシューマイ。これも海老がゴロゴロ入っていておいしい。

私は日本でも中国でもシューマイは特に好きではないのですが、
この海老っぷりに感動しました。ここのはプリプリなので好きです。


6daikon.jpg

そして大根餅。(と我が家ではそう呼んでいるが・・・)
これも外のカリカリ具合と中のモチモチ具合が◎です。


7shippai.jpg

これだけよく分からず冒険してみたら、大根餅と食感がカブってしまって失敗。
この正体はXO醤で味付けした大根餅みたいなヤツ。(大根は入ってない)

てっきり揚げてあると思ったのですが、ほとんどがモチモチの食感。
味も表面にほんのり付いているだけで、上品は上品なのですが、
なんせ大根餅があるので、2つも要らないということで余計な注文でした。

しかし、全体的にはさすが!という味で、お値段だけのことはあると思いました。

でもまあ、オーダーバイキングではないので、大人数で来たらお得になるし、
高いといっても点心なので、手が出ないお値段ではありません。

ホテルなのでサービス料が15%加算されるのは分かっていましたが、
お茶がどの種類でも1人38元なので、点心より何より
お茶が高いという印象でした。(2人だと76元になってしまう。)

点心を食べ尽くした後は、お茶を飲みながら豆板醤をいつまでも舐めていた
サラミでありました。それ位この豆板醤がおいしかった!(結局そればっかり。)

次は豆板醤を売ってもらえるのかぜひ聞いてみよう。


タグ:上海 中国 点心
posted by サラミ at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

ぬるい中華

昨日のランチのお話です。

lunch.jpg


昨日のランチで食べたホンシャオロウ(豚の角煮)。

味は悪くなかったのですが、ぬるい。

中華がぬるかったらアカンやろ。パンチ

思うに、厨房が閉まる寸前だったので、
コックさん達が早くランチ休憩に行きたくて手を抜いた
という可能性が大かと。

昼も夜も、店を閉める1時間前位からは店員のやる気がなくてダメですね。

posted by サラミ at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする