2014年07月24日

以前の買物の領収書発行 in IKEA

先月はマンションの契約更新がありました。

毎年更新に当たっては色々と大家さんに条件を出します。

今回は、去年の夏4回も故障した空調の巨大室外機を交換して欲しい!
とダメ元で訴えたら、以外とアッサリと承諾され、無事に交換してもらいました。

これとは別に、シャワーカーテンも新しいのに交換してと頼んだら、
今と同じ物は手に入らないと言われました。

なんでシャワーカーテンごときを契約に挙げたかというと、
ウチはサービスアパートなので、内装や家具、リネン類などが全室同じもので統一されています。

というわけで、自分で勝手にシャワーカーテンを替えちゃダメだと思ったのです。

しかし、ここで気を付けなければならないのは、こういうことを相手にお願いすると、
実際にシャワーカーテンを買いに行くのは雑用(つまり使い走り)のおっさんのことが多い。

中国の田舎から出稼ぎに来たおっさんが物を買いに行くと、ひどい品物しか買ってきません。

まず、とにかく安い粗悪品を買ってきます。
そして、ものすごく凄まじいデザインの物を買ってきます。

今までこういう経験を何度も繰り返したので、今回は上限金額を聞いて、
私が自分で買ってきて領収書(=発票)を提出する、という形にしてもらいました。

上限は200元でしたが、IKEAでシンプルなのが99元であったのでそれを買いました。

しかし、大きなミスを犯してしまいました。

領収書」と言われていたのですが、明細も書いてるしレシートでいいと思い込んでいたら、
発票が要ると言われてしまったのです。

厳密には、レシート=小票、 領収書=発票

のようです。今までレシートも発票と呼んでいた・・・。(汗)

提出したら、もう一回このレシートを持ってIKEAに行って発票をもらって来いと言われました。

しかし、IKEAはビミョーに遠い。面倒くさい・・・。ということで、延び延びになってしまい、
今日ついに重い腰を上げて行って来ました。

大体、6月19日のレシートの領収書を7月24日に出して貰えるのか?
(理論上は可能だろうけど、果たして。)

と思っていたのですが、IKEAの一階に配達やら梱包やら返品やらのカウンターがあり、
そこに領収書発行カウンターもありました。

しかし、壁に掲げられた説明には「領収書発行は1ヶ月以内」とハッキリと書かれていました。

あ、アカンわ・・・。落ち込んでそのまま帰ろうかとも思いましたが、一応聞くだけ聞いてみたら、
「個人の領収書か?」と聞かれ、レシートの日付など全く無視して領収書を発行してくれました!

しかも、シャワーカーテン以外の物も一緒に購入していたので、
99元の領収書とそれ以外の領収書に分けてくれるか?」と聞いたらその通り2枚発行してくれました。

買ったお店がIKEAで良かった。ローカルな店やデパートより断然スムーズだと思った今日の出来事でした。

ただ、IKEAで領収書を発行してもらう方は1ヶ月以内に行くことをオススメします。(^^)


posted by サラミ at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月14日

ワールドカップ

ワールドカップ・ブラジル大会が終わりました。サッカー

我が家が上海で迎えるワールドカップもこれで3回目

サッカー鑑賞が大好きなサラミ夫の影響で、特にサッカーに詳しくない私も
毎度ほぼ全試合見る(あるいは音だけ聞く)ことになっています。(いつの間に?)

とはいえ、日本代表も応援せねば!と当初は張り切るわけです。

気分も何だか一人盛り上がり、

riceball.jpg

意味もなくファミマでサッカーおにぎりを買ってしまったり(中身はフツーのおにぎり)、


beer.jpg

テレビの前にはワールド・カップ柄のビールを並べてみたり。

中国のビール・メーカーで毎度W杯デザインのビールを売り出すのはハルビンビールだけ。
青島ビールはサッカー柄ではあるけれど、スポンサーではないのか図柄が微妙。

左から2つ目のビールは、サッカー柄というより国の柄なのですが。日本柄は売り切れでした。


japan.jpg

日本戦はこんなの着けて応援しました。が、内容がひどかった。夜中起きて応援したのに。

しかし、決勝トーナメントは純粋にサッカーの試合を楽しみました。

とはいえ、

ドイツのレーヴ監督はあのシャツを一体何枚持っているのだろうか?

とか、

オランダのロッベンはいかつい顔をしながら時々オネエ走りだな。

とか、サッカーそのものとは関係ないところが気になってしまったのも事実です。

しかし、これで夜中ヘンな時間に起きてサッカーを見る生活から解放されました。

必死でサッカーを見ていたみなさん、お疲れ様でした。


posted by サラミ at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

NEW炊飯器

またまた久しぶりの更新です。

ひたすらワールドカップサッカーを見ておりました。しかも日本戦以外は録画で。

だから、結果を知りたくないのでテレビのニュースは見られない、
ネットもうかうか見られない、という浦島太郎のような生活をしていました。

しかし、ベスト4も決まり、ついでにウインブルドンの決勝も終わり、
やっと落ち着いたのでこうしてブログも再開。

さて、春の話ですが、新しい炊飯器(日本製)を買いました。

以前使っていたものは9年が経ち、内釜のテフロン加工がボロボロに。(日本製でした。)

今までマンションのオーナーが用意してくれた炊飯器は15分で炊けてしまうとか、
炊けた瞬間から冷めていくとか、とにかく末恐ろしい代物ばかりでした。

そこで日本から持参して使っていたのですが、保温がちゃんとできなくなり、
ついに寿命かと観念したわけです。

そこで炊飯器について色々と調べた結果、私が出した結論は、

1.二人暮らしなので3合炊きの小さなもの
2.以前の炊飯器が象印なので同じく象印のもの

ということで、お得な商品を探し始めました。

そこで悩んだのは、

IH炊飯ジャー vs 圧力IH炊飯ジャー

のどちらが良いか?ということでした。

口コミでは圧力IH炊飯ジャーの方が絶対的に美味しいらしい。
でも、5合炊き以上の大きいものでなければその威力はあまり発揮されないらしい。

ちなみに、マイコン炊飯ジャーは安いけど味は格段に落ちるそうな。
(マンション・オーナーが買ってきた安物炊飯器は多分これだな。)

我が家が今まで使っていた炊飯器はIH炊飯ジャーでした。
これを今回アップグレードするかどうか・・・。

一番悩んだのは値段でした。圧力IH炊飯ジャーにすると一気に値段が上がります。
張り込んで購入したのに大した違いが感じられなければちょっと悲しい・・・。

かといって、普段2合か1.5号しかお米を炊かない我が家に5合炊きは大きすぎる。
5合炊きだと、最低でもその半分くらいの量を炊かないと美味しく炊けないらしいし。

うーむ、悩む。

色々悩んで、象印以外の圧力IH炊飯ジャーについても色々調べてみました。

すると、何と、3合炊きで圧力IH炊飯ジャーを作っているのは象印だけだと判明。

そして、ある炊飯器の批評にとても心をくすぐられました。

美味しいごはんを食べたかったら「美味しい高級なお米」を食べるのが一番。
安いお米はそれなりで、炊飯器の性能がどんなに良くても限界がある。

ごもっともな意見です。

しかし、圧力IH炊飯ジャーはそれなりのお米でも美味しく炊けるという特長がある。

むむむ。まさに良いお米が手に入らない中国ならではの問題が解決されそうな内容!
しかし、やっぱり圧力IH炊飯ジャーは値段が高い・・・。

ここで、2つの選択肢に絞られました。

1.今まで使っていたIH炊飯ジャーの後継機種を買う。(内蓋が洗いやすかったので。)
2.思い切って象印の3合炊き圧力IH炊飯ジャーを買う。

しかし、新発売の3合炊きのIH炊飯ジャーは外見が気に入りませんでした。
そこで、型落ちを探すということになるのですが、なんとなんと!

Amazonのタイムセールで、型落ちの品がその瞬間だけ25%位安くなっているではないか!

というわけでめでたく圧力IH炊飯ジャーを購入。


ricecooker.jpg

結論は、買って正解!でした。

3合炊きの小型でも、今までのお米がちゃんとモチモチした食感になりました。

ちなみに、今我が家で食べているのは越前米の3キロのヤツです。
(2キロの方が高級ですが、この炊飯器の場合は、ちょっと2キロの方が硬いです。)

それを、我が家では日本のミネラルウォーターで洗って炊きます。
これで、大分日本のごはんに近いものが出来上がったと思います。

中国の場合、お米は毎年なぜだか味が変わるので、
これからも同じお米を食べるかどうかは分かりません。

もっと美味しいお米があったら、さらにそれに切り替えたいのですが、はて・・・。

注意事項としては、圧力IH炊飯ジャーはかなり重いです。
なので、今回は手持ちで日本から持って帰ってくることを断念しました。

で、外箱に入ったまま、ゆうパックの一番大きな箱に入れて、他の荷物と一緒に船便で送りました。
今回は到着までに1か月半かかりましたが、関税も取られることなく、無事に到着しました。

お米問題が、少しでも改善されて良かったです。

posted by サラミ at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | お買いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする