2014年02月25日

家の照明の電球交換

今気づいたんですが、というか、
1年半以上住んでいて今まで気づかなかったのかって感じなのですが、
我が家はなんやかんやと2週間に1回くらい家のどこかの電球を交換しています。

今までは、電球の質が悪くて持ちが悪いんだと思っていたのですが、
今日、リビングの電球や蛍光灯など照明の数を数えてみたら、27ヶ所もありました。

リビングの天井のど真ん中に、でっかい照明1つひらめきでエエんちゃうん?

これだけ多かったら、とっかえひっかえどこかが切れるワケだ。

面倒くさい家に住んでしまったもんだわ。


posted by サラミ at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 家のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

草間彌生展 -A DREAM I DREAMED

昨年12月から開催中の草間彌生展に行ってきました。

開催場所の上海当代芸術館はそんなに大きくないので、
ちょっと人気のイベント時には入場制限がかかってエライことになります。

草間彌生展も大変な人気らしく、ものすごく並んだという話をいっぱい聞いたので、
天気も悪くて寒かった昨日のランチ時間を狙って行きました。

雨天の日に行ったのが幸いしたのか、昨日はガラガラ。

前回のDior展の時はぎゅうぎゅう詰めで作品がまともに見えなかったのですが、
今回はゆっくり鑑賞することができました。

しかし、私は特にむっちゃ草間彌生のファン!というわけではなく、
NHKのドキュメンタリーを見たことがあり、統合失調症であるという知識位しかありませんでした。

作品はひたすら水玉なのかなーと思っていたら、そういうわけもなく。

しかし強烈でした。


1.JPG

いきなり巨大水玉がお出迎え。期待を裏切りません。

この日は、インターナショナルスクール幼稚園のかわいい子供達が
先生に引率されて見学に訪れていました。さすがインター!幼時から前衛作品鑑賞!


2.JPG

小さな窓から中を覗くインスタレーション。


3.JPG

水を張った室内の中央に立ち、プラネタリウムみたいな水玉に囲まれる、
Infinity Mirrored Room - Gleaming Lights of the Souls」。
(日本語では「魂の灯」という作品のようです。)


4.JPG

ポップな色合いの絵画や白黒の素描なども多く展示されていました。

この辺はプリミティブな感じでジミーちゃん(ジミー大西)に通じるものがあるなあ、と思いましたが、
ひたすらお目目ばっかりの作品など、私のような凡人には少し病的と感じるものもありました。


5.JPG

こちらは普通の部屋に水玉の照明が。
私は落ち着かなくてこんな所には住めない。(そういう問題ではないか。)


6.JPG

わりと分かりやすい作品のわんちゃん、「Dogs」。
草間さん直筆のサインで、それぞれ「SHO-CHAN」とか名前がついてました。


7.JPG

そして堂々のかぼちゃ3つ。そこまで巨大じゃないんだな、という印象でした。
勝手なイメージで、ドドーン!と大きいのかと思っていました。

とてもキレイなインスタレーション作品も多かったのですが、小さな空間を覗き込む作品は、
なんだか精神科のカウンセリングを受けているようで、私には強烈でした。

ビデオ上映では、草間さんが自作の歌を延々と歌っておられましたが、歌詞は悲痛で、
作品の多くを見ても、私は結構「苦しそうだな」という印象を受けました。

草間さんは幻覚・幻聴から逃れるために水玉を描いていたそうですが、
ものすごくつらかったんじゃないかという気がします。

感性がフツーの私にはついていけないところも多かったですが、この強烈さのおかげで、
美術館を出た後は、ボーッと歩いていても水玉模様だけが目に飛び込んでくる有様。(^^;

水玉模様が全部草間グッズに見えてしまうというオマケまで頂きました。

ちなみに、見逃してしまったのですが、水玉のシールを自由に貼って作品を作る部屋も
あったようで、美術館の外には体中にペタペタ水玉シールを貼った若い子達がたくさんいました。

軽い気持ちで行った草間彌生展ですが、エネルギーがすごかったです。


posted by サラミ at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月10日

ティーカップ

ご無沙汰しております。

春節の旅行から戻って、ようやく時差ボケも直りつつあるか、といった感じです。

今回訪れたウィーンは雪も降って底冷えする寒さでしたがドイツはまだ暖かく、
戻ってきた上海の方が寒いのではないかという感じさえします。(上海は家の中が寒いし。)


teaset.jpg

さて、デカデカと載せたこちらの写真は、ドイツはブレーメンの紅茶専門店で買ってきた
ティーカップ&ソーサー、そしてティーポット。久々の一目ぼれ。ぴかぴか(新しい)

しかし、今になって考えてみると、なぜセットのケーキ皿を一緒に買わなかったのか・・・。
列車の時間が迫っていて焦っていたので、ケーキ皿が目に入っていなかったのだな。

いつかまたドイツに行くことがあったら、またこのお店に行く機会があるかな。
まー、しばらくはないな。



posted by サラミ at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | お買いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする