2013年02月22日

エッグタルト

最近お気に入りのエッグタルトがあります。


tart.jpg

甘さ控えめ。外はサクサク、中はとろふわ。一個4元というリーズナブルさ。


box.jpg

このエッグタルトは、リリアン・ベーカリー(LILLIAN BAKERY / 莉蓮) というパンとスイーツのお店のもの。
このパッケージが可愛くて大好きです。これは6個入りの箱。

中国では、かつてポルトガルの植民地だったマカオのエッグタルトが有名ですが、
パッケージを見ると、「マカオのエッグタルト」を売る上海のベーカリーということのようです。

このお店、パッケージは高級感があるのに商品が全体的に安いのです。ケーキも安い!

お店は何店舗かあるようですが、私が知っているのは地下鉄の南京西路駅近くの呉江路のお店。

このお店のエッグタルトは、ずーっと4.5元  4元になっています。(笑)
本当に値下げキャンペーンしているのか、こういう戦略なのかよく分かりませんが。

お家では、トースターで温めてハフハフ食べてます。

posted by サラミ at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | お買いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

春節の花火

先日、我が家では春節の花火をウチで見物すべく、
花火見物席を作ってみました。


1.JPG

といっても、ソファをベランダの方に向けただけなのですが。

我が家は東西南北すべての方角に窓があるので、その窓も開けて待機していました。

本当は、花火が燃え移ることがあるので窓を開けるのは危険なのですが、
春節の醍醐味は花火よりも爆竹の音だと思っているので、それを優先。

ところで、春節の大年夜(大晦日)はフライングも起こります。


2north1.JPG

夜キッチンに立って晩ごはんの用意をしていた頃、
キッチンの窓のすぐ外で花火が弾けるの図。
この時は窓が閉まっていて良かったです。(^^;

この頃から、だんだんと外は、
遠くの方で散発的に撃ち合っている
ような雰囲気になります。

そうです、お祝いというより内戦が起きたような感じになるのです。

そして午前0時前。だんだんと爆竹の音が増えてものすごい地響きが始まります。
大量の装甲車がやってきているかのようなスーパー重低音


3north2.JPG

北側。花火が上がり始めます。


4west.JPG

西側。高架道路の横でバンバン上がる花火と爆竹。短時間で一気に上げるので煙の量もすごい。


5south1.JPG

南側その1。た〜まや〜るんるん


6south2.JPG

南側その2。建物で遮られていますが、最初から最後まで花火がバンバン上がっていた場所。


east.JPG

東側その1。目と鼻の先で上がる花火と、はるか遠くにも花火が。


east1.JPG

東側その2。この場所は最初から最後までバンバン花火が上がりまくり、ベランダから良く見えました。


east2.JPG

東側その3。花火の色がカラフルに変化します。
ベランダから下を覗いてみたら、花火の着火地点は無人で、7連発くらいする巨大な花火。

なんであんな花火大会に上げそうな花火を個人が購入することができるのだろう?


shanghaiMuseum.JPG

東側その4。ズーム画像です。上海博物館の向こうにも花火。

銃撃戦さながらの爆竹のドドドという大音量を、
東西南北からの生のサラウンドシステムで聞くというド迫力。


east_up.JPG

そこに目の前でパパパパーン!と弾ける甲高い花火の音が加わるという臨場感。

この音が聞こえてくると、「今年も春節が来た〜!」と血沸き肉躍るのは中国人のDNAでありましょう。
ある意味、リオのカーニバルでサンバのリズムを聞いて踊り狂うブラジル人と似たような感じかも。

が、昔に比べると0時を過ぎると爆竹も花火も結構ピタッと止むようになり、
爆竹の音も昔よりおとなしくなり、節度ある春節になってきているような気がします。

こうして、やがては爆竹も全面禁止されて廃れていくのかも知れません。

一番中国的なこの行事が廃れていくのはとても寂しいな。

どうせなら、2002年に上海で開催されたAPECの閉会式の時のように、
外灘の建造物から死ぬほど花火が飛び出すほど、
思いっきりド派手にやって欲しいと思うのでありました。
 (*ちなみに、この時の花火イベントは蔡國強さんの作品でした。)

・・・外国人だから好き勝手なことが言えるんだけど。(笑)

posted by サラミ at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 家のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

爆竹恐るべし

今年も内戦状態に入ったか?
みたいな
花火と爆竹の大音量と共に、春節の元旦を迎えました。

まあそれは想定の範囲内なのですが、多少予想はしていたものの、
その後のアメリカ総領事館の発表したPM2.5の数値に仰天。

02-10-2013 01:00; PM2.5; 574.0; 549; Beyond Index

Beyond Indexってアンタ、計測不能ってことじゃありませんか。
数値が600近くに上がったのも初めて見ました。(ってことは北京は???)


last.JPG

花火と爆竹の打ち上げが大体終わった頃の空はこんな感じでした。
これ、画像処理で明度を上げたわけじゃなくて、夜空でもこれだけ白いのです。+煙の図。

私は嬉しがって、東西南北すべての窓を全開にして外を見てコーフンしていたのですが、
爆竹の音が止む頃にはすっかり気持ち悪くなってしまいました。

以前、観光用の蒸気機関車に乗った時にも窓から顔を出して同じ症状になったので、
今回も酸素が足りず、ヘンな煙を吸い込んでしまったのだと思います。

その後、空気清浄機から出る空気を吸い込んでいたら回復しましたが。(^^;

教訓)春節の花火を見に外に出る時はN95のマスクをするべし。


posted by サラミ at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 街の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

春節の前日

明日は春節です。

今日から春節のお休みが始まり、上海の人口も一気に減りました。
私の友達も何組か日本に帰省し、街はシーンとしています。

夕方になって、フライング気味に爆竹を鳴らす人達もチラホラ。

毎度のことながら、市街地銃撃戦さながらの様相を呈してきました。


citicSquare.jpg

街のあちこちもすでに春節の飾りでだらけ。


hebi.jpg

ハッピー・スネークイヤー!
ということで、蛇の飾りも可愛らしく。

正月飾りをここまでゆるキャラ風にしなくてもいいと思うのですが。

爆竹の影響でどこまでPM2.5の数値が上がるか見ものです。

posted by サラミ at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 街の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月06日

漢方美容グッズ

先日、&flowというお店で漢方成分が入っている美容グッズを購入。

買ったのは、

石鹸、リップバーム、リンス不要のシャンプー、ヘッドマッサージャー

の4点。そんな美容グッズなんていうほどのものではありませんが。


1.jpg

全部使っていますが、全ていい感じです。香りも良いし、オイルが良質です。^^

その中で、10元というお値段に惹かれて買ったヘッドマッサージャーが意外にヒット!

まず、火星人のようなチープな姿がカワイイ。

そして、脂漏性皮膚炎という頭皮トラブルを持ち、年中頭皮が痒い私には、この火星人は救世主です。
マッサージ、というより、頭を軽く掻いているような感じです。


2.jpg

パッケージがカワイイ。全部気に入ってます。

ヘッドマッサージャーに至っては、もはやアヤシイ物体にしか見えません。
サラミ夫は泡だて器と間違えていました。(^^;

しかし、こんなチープなモンに手を出すのは私くらいかと思っていたら、
今日ハウスキーパーのおばちゃんに、

「ここのマンションの他の日本人の部屋にも同じものがあったよ。」

と言われました。え、これそんなに人気なの?

他の&flow漢方グッズと共に、しばらく愛用させて頂きます。

ラベル:上海 中国
posted by サラミ at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | お買いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする