2011年06月16日

マンション勘違い

うちの夫が昨夜、

考え事しながら歩いて帰ってたら前のマンションの玄関まで行った。

と告白しました。

仕方ありません。だって、今の我が家のベランダから見る景色は、

イメージ 1

こんなに前のマンションも前の前のマンションも至近距離なんですもの。

夫が徒歩で帰宅の時は、前の前のマンションの正門を過ぎ、前のマンションの正門も過ぎ、我が家にご帰還。

なんだかんだとこのエリアで4ヶ所目ですが、とある1ブロックから全然動いていません。

今日は間違えずに帰って来てください。
posted by サラミ at 16:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 家のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

ヘンな家

引っ越してはや10日。

何となく片付かないものの、力尽きてやる気を失い今日に至りました。

私のパソコンの位置をどこにするかでウロウロし、結局ダイニングエリアに決定。
でも、この家ちょっとヘン。


イメージ 1

諸事情あってあくまで仮住まいのつもりでいるので、ダンボールに入れたままの物も。
ぐちゃぐちゃ感はご容赦を。雨模様のため傘まで室内で干しています。(^^;

物件見学に来た時は急いでいたので気付きませんでしたが、どうも以前はオフィスとして使用していたようです。
メインの部屋は細長いリビングダイニングですが、玄関のある中央の床だけ石材のタイル張りになっていて、
リビングとダイニングのフローリングのエリアを視覚的に分断しています。

しかも、家具でさらに両側を完全に分断。

右側は本来ダイニングのはずですが、ダイニングチェアが完全に事務用の椅子。痛くて仕方ない。
そして、私がパソコンを設置した机はどう見てもオフィスの二人用事務机です。
今私は玄関を右手に見つめながらパソコンの前にいるのです。

椅子の座り心地があまりに悪いのでリビングの1人用ソファを持ってきたものの、デカくて重い。

さらに、ここが元オフィスだと断定する理由は、電話が5台くらいあるのと、
「○○宅急便ですか?」という間違い電話がむちゃくちゃ多いことが挙げられます。


イメージ 2

さて、私のパソコンの位置ですが、前にそびえるヘンな家具のおかげでテレビが全く見えません。
しかもリビングが遠い。夫がリビングのソファに座っている時なんか、完全に家庭内別居です。

自宅なのに受付に座るという、あまりにも落ち着かない座り位置です。

あと、オフィスだったわりにコンセントの差込口が少なくてむちゃくちゃ不便です。

次はよい物件に恵まれますように。
posted by サラミ at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 家のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

電子レンジ

引っ越して数日。何とか住める状態にはなってきたものの、まだまだ抜かりは禁物。

まだここの固定電話にも慣れていないので、夫から中国語で「どうした?」と電話がかかってきた時に、
自分が先に夫に電話していたのを忘れ、中国語で「アンタ誰?」と聞いてしまいました。
アンタの夫や」と中国語で返されて初めて気付いたという情けない事態に。

この間、ずっと夫と中国語で会話すること数分。
大体、中国語でいきなり「もしもし」もすっ飛ばして「どうした?」なんて電話してくるから紛らわしいのだ。

そういえば、「電子レンジは後日持ってきます。」と入居当日に言われたのですが、
その「後日」とは今日のことでしたが、案の定来てません。

経験者はすでに今日は持って来ないと察してはいたのですが、壊れているドアの修理もあるし、
一応自宅待機。待機ついでに宅配で食材を注文したりして。

んで、いつまでも来ないので「電子レンジはいつ届くんでしょうか?」と不動産屋に確認するも、
10分後に電話します。」の返事の後は音沙汰なし。

基本的に私ずっと自分でご飯作ってるので、電子レンジなくても何とかなるんですけどね。

いつ来るか分からないのにじっと待機するのもバカバカしいので、もう勝手に出かけようと思ってます。
ドアの修理も、もう壊れたままでいいかーと思ったりしています。(ここは短期滞在という頭があるので。)

昨日は親子どんぶり。今日はカレー。

まだまだ台所がキチンと片付いていないので、鍋一つで済む料理ばかりで済ましております。(^^

あとは、勝手に玄関の外の水道メーターの所に浄水器を取り付けようとしているので、マンションの人間が
いつ電子レンジを持ってくるのかが分かればベストなんですけどね。鉢合わせるとマズイ。

最悪、電子レンジなしで暮らします。
posted by サラミ at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 家のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

引っ越しました

土曜日は引越し当日でした。

荷物の搬出は多分5人くらいでテキパキとやってもらいました。(人が多くてよく分からんかった・・・)
ギリギリでしたが何とか間に合いました。最終的に、ダンボール箱は134個。ありえない数。
この2年で20箱も増えた理由は何???

その他、家電品、額装した絵、家具、などなど、余りの物の多さにビックリする1階の保安係の人と
引越し担当の人達。どうもすいません。

一番の難所は巨大な本棚です。一旦バラさないと移動できません。
おじさん達は「ハ〜!」と大きな溜息をつきながら作業を進めていきます。すいませんねぇ。

自分は指示をするだけで物を運ぶわけではないですが、貴重品を見張るという責務があるので、
上海での引越しは余計なところで神経を使います。


イメージ 1

その後、冷蔵庫の中身をまとめ、いつもPCを触っていた定位置でボーッとするサラミであります。
ヤマザキの紙袋は非常用食料(ヤマザキパン)です。

なんで中央のソファでボーッとできないかというと、マンションの管理担当者と不動産屋の人が
2人で寛いでいるからです。上海語でまくし立てられた日にゃ、全くついていけません。

ここ、ほんのちょっと前まで私の家だったんですけど。

ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。・・・という方丈記の一節が浮かびます。

部屋のチェックが全て済むと、2年住んだこのマンションともさようなら。時間は昼の12時前。

引越し先はすぐ近所なので、夫はすでに先に引越し先に行き、搬入の指示&監視。そこに私も合流します。

130箱を全部根性でチェックしていた夫が「27番がない」というのであちこち探しているうち、
引越し屋さん達が「なんでこんなに荷物が多いんだ」と文句を言いながら帰っていってしまいました。
あれれ、ドリンク冷やしてたのに。チップも渡しそびれました。

あれほど言ったのにインターネットが開通してなかったので、夫がガンガン抗議してその場で手続きしてもらい、
24時間後、このように無事に開通。夫は言ったモン勝ちのお手本でした。

その後、ベッドのマットレスがギャーーーーーーーーっ!!!というほど汚いことを発見。
部屋を見学に来た時はモデルルーム風にキレイな布団が敷かれていたので、マットレスは見えなかったのです。

ぐぇーーーーー。大きなシミだらけ。裏を見ても同じ。東南アジアの安宿かい、ここは。
シーツでカバーするだけでは耐えられないレベルです。どうやって使ったらこんな状態になるねん。

不動産屋にどーにかならんのかと泣き付いてみたものの、「とりあえず今夜どうする?」ということになり、
さっそくランチを外で食べた後にカルフールに行き、ベッドパッドを購入しました。

ついでにブラブラしていたら、

イメージ 2

巨大なヘチマのようなキュウリのような物を発見し、思わず記念写真。

ちなみに雨模様だったので帰りはタクシーが見当たらず。

イメージ 3

ということで、久々の白タク利用。行きの正規タクシーは14元で、こちら白タクは20元
最初から随分と良心的なふっかけ方で、すんなりと乗車。ちょっと荷物が大きかったので助かりました。

家に戻り、少し片付けてからやっと一息。

引越し祝いというか、ねぎらいということで、近所のイタリアン・レストランに連れていってもらいました。
ごちそう様でした。(^^)


イメージ 4

ダンボール箱に入れずに持って来た両親の写真。
まだまだ荷物に囲まれているので、緊急避難的にこの場所に置きました。が、多分このままになるでしょう。

何回も引越しの経験がありますが、荷物の量が大変さに比例すると改めて実感。

次こそは断捨離ですな。
posted by サラミ at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 家のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

ガムテープ買出し

結局ガムテープも足りなくなってしまいました。

どうせ明日の朝食べる物もないことだし、チラッとお買い物に。

引越しの前日に買い物に出られるなんて、今回は余裕だ〜!と思っていたのも束の間、
最後の最後、結構まだ物があることに青ざめている次第です。

我が家の荷物が多いことを不動産屋さんに伝えたら、明日は5人くらい引越し屋さんが来るとか。
しかも、時間は1時間前倒しして朝の9時から。昼メシに間に合わないと思ったのでしょう。

前回も前々回も来たのはたった2人で、それはそれは大変そうで申し訳なかったのでした。
しかも4時間くらいかかったし。向こうも大変ですが、ランチ抜きで午後3時に終わった時にゃ私達もツライ。

一度は延長料金が発生して、いくらかと思ったら60元という安さにひっくり返りました。
おじさん達は一体いくらで働いているのだろう?と少し心が曇ったのでした。

でも、最後に冷えたミネラル・ウォーターとチップをあげると、おじさん達は意気揚々と
喜んで帰っていったのでした。

今回も、おじさん達への冷たいドリンクは用意しました。

さ、後もうちょっと、がんばろう。
posted by サラミ at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 家のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする