2010年10月20日

小さな衝撃

しんみりした内容のブログをUPした直後、事件は起きました。

換気扇が壊れたので、お風呂に入った後は窓を全開にして換気していましたが、さっきバスルームに行ったら、

イメージ 1

バスタブにゴミが落ちていました。菓子パンだと思われます。

これは、ぐぅちゃん・・・じゃないよな。(^<>^;

おのれぇぇぇぇぇ!上の階のヤツ出てこーーーーいっ!!!


それにしても、21階の我が家にどーやってゴミを投げ入れるかね。
posted by サラミ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 家のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お供え

父の遺影には、父と、実家の2匹の犬が写っています。

ぐぅちゃんは、先月末に天国に旅立ちました。実家のわんちゃんです。
もう一匹のケイオスも父を追うように逝ってしまい、父の遺影は今や1人と2匹の遺影となってしまいました。

今日は夫の帰りが遅くなりそうだったので、待っている間にイタリア土産のサラミをつまみながら
ワインをちょこっと飲もうと思い、お風呂に入る前にサラミを切って準備していました。

その後、バスルームのスイッチをONにした瞬間、「パン!」という音が。

ん?電球はどれも切れてないし、あれれ???と見回していたら、換気扇が動いていません。
あ"ーまた壊れたかぁ・・・。とガックリしつつ、とりあえずお風呂に入ることに。

と、今度はシャワーカーテンの向こうで、ラックの上に畳んで置いていたバスタオルがバサッ!
と落ちてきました。

・・・ぐぅちゃん、遊びに来てる?

そういや昨晩、夜中に急にぐぅちゃんのことを思い出し、泣けてきて眠れなくなったのでした。

そーかあ。ぐぅちゃん、また来てんのか。(天国に行く前にも夢に出てきました。)
だけど、直接の飼い主でもない私のところへなぜやってくる?なんで?なんで?と考えていて、
突然ハッと気づきました。

サラミ食べたいんや・・・。

思えば、イタリアから帰ってきて、毎日サラミを切ってはチーザと一緒にもぐもぐ食べていました。
実家ではぐぅちゃんにサラミとチーザを狙われていたのでした。

こんなにも毎日、私が一人でこっそりサラミとチーザを食べていたのを、ぐぅはきっと見ていたのでしょう。

遺影にはキャンティのミニボトルをお供えしていますが、父は喜んでも犬達は嬉しくないよな。

ということで、

イメージ 1

切って準備していたサラミはチーザと共にお供え。
そして一言、遺影に向かって「すいません」と謝ってしまいました。

だって、そんなにサラミが食べたかったなんて知らんかってんもん。
換気扇まで壊すことないやんか、アンタ。(^^;
posted by サラミ at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

カナダ・グース

昨日ふとしたことがきっかけで、日本ではカナダ・グース(CANADA GOOSE)というアウトドア・ブランドが
人気だということを知りました。

何でも、キムタクがカップヌードルのCMで着用していたエクスペディション・パーカが有名とか。

ん?このワッペン、見たことあるな、と思って色々ネットで見ているうちに、
自分がこのブランドのパーカを持っていることに気づきました。

そういえば、高島屋で売っているのを見たことがあります。そして上海でも。だんだん思い出しました。

なんで私がこんなに疎いかというと、そのカナダ・グースというブランド名を知らなかったからなのです。

私は10年ほど前、カナダ北極圏で1年ちょっと暮らした経験があり、必要に迫られて現地の通販カタログで
こちらのパーカを購入したのです。ホンマ、極寒の世界には必需品でした。

ということで、そんな寒冷地仕様の特殊な服が、まさか日本で売っているとは夢にも思わなかったのです。
しかも、ブランド名なんか気にしていなかったので、上海の久光百貨店で商品を見た時には、

ふん。よく似たワッペン付けてカナダ・グースなんてダサい名前付けて。私のパーカのニセモノやな。

と思っておりました。(^^;

ところがところが!

カナダ・グースかモンクレールかどちらのダウンを買おうか迷っている。」だの、
カナダ・グースのジャケットが欲しいけど高くて手が出ない。」だの、

えらく高級ブランド扱いされちゃってるじゃありませんか!
あわわわ。私のパーカのニセモノじゃなくて、私のパーカがカナダ・グースやったんか!

特に、モンクレールと並べられているのにはビックリ仰天(←って今時言うか?)です。だって、


イメージ 1

これですよ。(これ、当時の私です。)

この写真はちょっと外に出た時のものなので油断してますが、通常帽子なしで外に出るなんて有り得ません。
このパーカに毛皮の手袋と毛皮の帽子を被り、下はズボンにスノボー用のオーバーパンツを履き、
靴はソレル(SOREL)の宇宙人みたいなブーツというのが北極スタイルのお決まりです。

・・・この北極スタイルがモンクレールに並ぶか???

ただし、私が着ているこのタイプは日本では売ってません。

カナダ・グースの公式サイトでチェックしたところ、どうやらこれはレゾリュート・パーカ(RESOLUTE PARKA)
というらしく、説明文には、北極探検や北極で仕事する人用にうんぬん・・・と書かれています。

このパーカ、保温のすごさはお墨付き。(←私の墨ですが。)

私が北極用に最初に買ったのはノース・フェイスのロングダウンパーカでしたが、
−30℃以下の環境では寒くなってアウトでした。しかし、このパーカは一日外にいてもOKでした。
ちなみに、私が体験した最低温度は、風がある日の体感気温ですが、なんと−62℃でした。


イメージ 2

こちらは知人が着ていた同じタイプのパーカの赤。キムタクがCMで着ていたのはタイプ違いでこの色かと。


イメージ 3

フードを被るとこうなります。フードはコヨーテの毛皮で、呼吸による蒸気で縁が凍結するのを防ぎます。


イメージ 4

これが一番有名だというエクスペディション・パーカ。キムタクと同タイプの色違いです。

この着用者(女性)はむちゃくちゃ細身で長身なのでシルエットも細いですが、普通は私の写真同様ゴツいです。
フードのボリュームがすごいので、日本の街中でフードを被るときっとむちゃくちゃヘンです。

カナダ・グースの商品は色々あるので、もっと薄手でタウン用として開発されたものを買うなら分かりますが、
世界最高峰の保湿力を誇る」とか「カナダの職人の手によるこだわりの逸品」とか
ウンチクだけを聞いて、憧れてエクスペディション・パーカに手を出すのは危険です。

まず、重いです。冬に雪の多い地域でアウトドアスポーツをするなり活動する人でない限り、
街中であんなにかさばって重いパーカは必要でしょうか。

そして、何より暑い

ググってみたら関連キーワードで「カナダ・グース 暑い」って出るくらい、暑いです。

私のレゾリュート・パーカはもちろん極北仕様で論外でしょうが、エクスペディション・パーカだって
南極用うんぬんというパーカですから、日本のような湿度の高い冬には向かないかと。
日本でよっぽど寒い日といっても、−10℃まで下がる地域なんて限られるでしょうし。

ちなみに、北極ではダメだった私のノース・フェイスのパーカは、たまに−5℃くらいになる上海の冬では
今でもずーっと活躍しています。逆に暑いくらい。

そして、カナダ・グースはそんなに高価ではありません。

私は日本円で約2万4千円でカナダ・グースのパーカを買いました。(10年前の現地価格ですけど。)
日本での販売価格が高すぎです。品質は確かですが、「高級ブランド」だなんてウソやろ〜?って感じ。

極北カナダでは、若者からおっさんまで、石を投げたらカナダ・グースに当たるくらい誰でも着ている作業着です。
ファッション性を重視してブランド展開してきたモンクレールとは大違い。

なんでこれに憧れる???

カナダ・グースには悪いが、私ならファッション性を重視してモンクレールを買うな。(そんなお金ないけど。)
posted by サラミ at 17:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 日々いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

プチ危機一髪

優雅にイタリアの思い出をブログに・・・なんて思いに耽っていられるほど上海生活は甘くありません。


イメージ 1
何でもかんでもよく壊れる中国製品ですが、
いきなりアイロン台壊れた〜。
なんと突然足が外れました。
(この通り足のあるタイプです。)


イメージ 2

この通り、溶接部分がすっかり錆びて取れちゃってます。

アイロンかけようと思って組み立てて置いてあっただけなのに、ちょっと体が当たったらいきなり倒れました。
気づいてなかったけど、もう錆びて限界だったんでしょうね。
上にアイロン置いてたので危なかったです。コンセント入れてなかったのが不幸中の幸い。

つーか、これ大家さんのモノなのですが、こんな不良品を私が弁償するのは許せんので、もちろん即効で抗議。
危ない目に遭ったので「軽くケガしました」と付け加えておきました。だってアイロン落ちてきたもんね。
大陸は言ったモン勝ちであるってことは、こないだの事件で日本の人にも知れ渡ったでしょうよ。

さて、アイロンかける服たまってるのに、どーやってかけようかな。

というより何より、やっぱりアイロンかけてる最中じゃなくて良かった・・・。(-"-;
posted by サラミ at 20:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 家のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする