2009年07月30日

セレブは無理

前にも言いましたが、新居はサービス・アパート。

サービスとして、週2回のお掃除とシーツ&タオル交換があります。

もー、すんごい助かる!!ホテル式サービスアパートがこんなに楽ちんだったとは!
なんたって、3人がかりでドドドーーーっとお掃除し、ベッドメーキングをし、風のように去っていきます。

自分は掃除してないのに家がキレイって、なんて素晴らしい。
(といっても決まった作業しかやってくれないので、ちょっと気になる部分も2ヶ所ほどありますが。)

毎日ハウスキーピングとシーツ交換をしてくれる高級な所もありますが、週2でも全然OKです!

すんごい助かる理由として、

 ・タオルを自分で洗濯する必要がない
 ・シーツや枕カバーを自分で交換する必要がない
 ・ゴミを自分で捨てる必要がない
 ・ごみ箱をカバーしてかけていた透明ビニール袋を自分で買う必要がない
  
などなど。単にお掃除してくれる以外のところでも助かっています。

シーツやタオルなんて、水にサビの混じる上海では「茶色・グレー」など濃い色をチョイスするのが鉄則!
ですが、ココではタオルはさわやかな白。(*^.^*)
(日本でたんまりグレーのタオルを買ってきた事実はまあ置いといて・・・)

シーツも枕カバーも白か生成りです。ぐふ。

イメージ 1
←こんなホテルのような白いベッドリネン、
 上海じゃ普通はムリです。

自分のシーツじゃないので、ああ、シミが。漂白しなきゃ。という面倒もありません。

タオルだって、洗濯機の容量が小さい上海のマンション(←大家がケチなため)では、
バスタオルを2枚、フェイルタオルを・・・なんて洗ってたら、毎日2回洗濯機を回すことに。

以前は、洗濯物のかさを減らすために私と夫のバスタオルは交代で洗っていました。
そこにバスマットが入ると、3交代で洗濯なんてことも。

しかし、もうそんな悩みとはおさらば。洗濯物が減って楽ちん♪です。

ゴミ箱に被せる透明ゴミ袋も、中国製は薄くてすぐ破れるので、わざわざ日本で買っていたのです。
でも、それももう必要なし!今のゴミ袋は薄いけど、交換するのは私じゃないので気にならないのだ。

(とはいえ、生ゴミは毎日出るので、当然せっせと捨ててますよ。)

なんて恵まれた環境なのでしょう。ありがたいことです。


・・・しかし、考えてみて下さい。


週2回とはいえ、家に他人がやってきます。

我が家では「見張っていろ」という夫の至上命令があるので、その時間帯は必ず在宅です。

不在時には入らないように言ってあるので、ハウスキーパーはウチの合鍵を持っていません。
出かけたければ掃除は1回パスすればいいだけですが、タオルの交換はパスしたくない
と思ってしまうので、やっぱり頑張って自宅に居座ってしまいます。

だって、使ったタオル、キレイに畳んで積み上げてお待ちしているんですもの〜。
それを1週間放置とかって、気持ち悪い。でも自分で洗濯するのは納得がいかない。
だったら、最初から自分のタオルを使ったらいいのでは?とか考え出すと、もー悩む。

で、結局「家にいよう」と思うわけです。

ハウスキーパーさん達も、私のために「私達9時出勤だから、1番にアナタの家の掃除に行くよ」
と確約してくれました。おかげで、毎度、時間にバラつきなく朝イチで我が家に来てくれます。

有難いのですが、朝寝坊・・・なんて出来ません。

前日に夜更かししていても、お掃除の日の朝はプレッシャーでバシッと目が覚めます。
朝一番、真っ先にパジャマから部屋着へ着替え、どうしても眠い時は、ソファでちょっとうたた寝。
ですが、それも束の間、9時すぎに「ピンポーン!に〜はお〜!」と元気よく叩き起こされます。

お掃除の間、ウロウロすると邪魔になるので、リビングでじーっと座っています。
その私の周囲をハウスキーパーさんが掃除機をかけたり、モップをかけたり、シーツを換えたり・・・。
床拭きの時にちょっとコードを持ち上げてあげたりすると、「謝謝〜」と逆にお礼を言われたりします。

台所の洗い物も、放置しておくと全部してくれますが、大事な食器を割ってしまわないかという心配と、
だらしなく散らかしている所を見せたくないという気持ちがどうしても拭えず、
前日の夜からせっせと台所の片付けに入ります。

そうです。私は、「明日やってくれるから置いておこう」ではなく、
明日はお掃除の人が来るから片付けなきゃ〜」と思ってしまうのです。(^^;

そして、お掃除の最中、

自分はぬぼーっと座ってるのに、働いてもらって悪いなあ

と恐縮してしまうのです。市民ケーンならぬ、小市民サラミ


また、お掃除とは別のサービスにシャトルバスがあります。

これは、サービスアパートでなくても、日系のマンションなどではマンション専用バスがあったりします。
使い慣れると便利なのです、無料だし。

私の場合、近所の久光百貨とこのマンションの、徒歩12分位という微妙な距離の路線を見つけました。

買い物した後、この微妙な距離を荷物を持って歩くのがツライので、
バスがある時間帯はよく利用させてもらっています。

でも、こんな短距離、私以外は誰も乗っていないのですねー。マイクロバスが貸切状態です。

イメージ 2

便利ですが利用者が少ないゆえ、大きく合図しないとバスはこちらを無視して通り過ぎます。
この運転手のおじさんは、私と目が合ったくせに無視したので、数メートル走ってバスを追いかけました。
バスのドアを外からバンバン叩いて気付いてもらいましたが、もう汗だく。

サービス受けるの、大変・・・。

とっても恵まれた暮らしではありますが、庶民はやっぱり身の丈にあった暮らしをせねば。

私には、使用人を何人も使いこなすようなセレブ生活は無理です。

大体、セレブは無料バスを走って追いかけたりせーへんし。
posted by サラミ at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 家のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

お風呂の楽しみ

こちら上海のマンションはバスルームが洋式です。つまりホテル式。

(っつーか、ホントの中国式はトイレは「樽」だと思うんですけど。バスタブは絶対ないと思う。)

で、この4年近くは立ったままシャワーを浴び、入浴はめったにしませんでした。

結婚生活と同時に始まった上海生活ゆえ、台所に突っ立っている時間と合わせると、
1日のうち相当な時間を立ったまま過ごしていることになります。

実際、上海に来てから足が太くなりました。血流が悪くなって浮腫んできたのです。

とはいえ、足の太さは現状維持のままながら、そんな洋式シャワーにも慣れてきました。

しかし、この引越し前後の体力の消耗はすさまじく、最近は腰が痛くて痛くて、
どうしても日本のように座ってお風呂に入りたいと思うようになりました。

そこで、たまたま先月上海に遊びに来た友達に風呂椅子をリクエストし、
友達も嫌な顔をすることなく、わざわざ持ってきてくれました。(^^)

その後、カルフールで吸盤式のシャワーフックを発見。なんと7.5元!安いっ!(^<>^)

そうして出来上がったサラミ家のシャワールームはこちら。↓

イメージ 1

ささやかながら、とっても幸せな空間。ほんのちょっと日本式です。別にヘンでもいいのだ。
posted by サラミ at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 家のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

祝・皆既日食

中国でも日食メガネが飛ぶように売れ、テレビでも大騒ぎだった皆既日食。

上海は今回の皆既日食帯のど真ん中でした。

大気汚染のひどい上海で太陽が果たしてキレイに見えるのか疑問でしたが、
まあ、せっかく上海にいるのだから、と朝から夫と2人で外に出ました。
(夫は半休を取っていました。)

ですが、天気は雨で、やっぱり太陽は見えませんでした。

ということで、ただただ、いきなり夜がやって来た様子を写真でご紹介。


*8時23分27秒 上海で日食開始


8時59分
イメージ 1

ベランダから外を見た様子。めっちゃ天気悪い・・・。
上海は普段から大雨の直前はこれより暗くなったりするので、薄暗くても大して驚かず。

イメージ 2

通勤時間で、薄暗いながらも通りの様子は普通です。


この後外へ。あろうことか、マンション1階のロビーから外に出ようとした瞬間、雨が。


9時35分
イメージ 3

すぐ近くの交差点まで来ました。

イメージ 4

ネコちゃんは皆既日食なんかどうでもいいようです。コワくないか、そこ?


9時36分
イメージ 5

さっきより暗くなってきました。
暗い上に傘を差して片手で撮っているので、コンデジでの撮影はもうブレまくり。
見苦しくてすいません。ということで、小さい画像にて。



*9時36分44秒 皆既日食開始


同じく9時36分
イメージ 6

もう皆既日食に入ったと思われます!めっちゃ暗っ!ネコちゃんはまだ店の2階の窓際にいます。


9月39分
イメージ 7

まだまだ皆既日食中。これが約5分間続きます。
運転のスピードを緩めようという人が全くいないのにビックリ。


*9時41分49秒 皆既日食終了


9時41分
イメージ 8

空が若干白んできました。あ、ついにネコちゃんの姿が消えました。


9時42分
イメージ 9

さらに明るくなってきました。


9時47分
イメージ 10

帰る時にはすっかりこのとおり。ものすごい勢いで明るくなっていきました。


日食が完全に終了したのは11時1分36秒のことでした。


全然日食は見られなかったけど、正直、こんなに暗くなるとは知らず、驚愕しまくりです。
とっても不思議な体験で、上海生活のよい思い出になりました。

ただ、本音を言うと、これが日本から参加する「上海日食ツアー」じゃなくてよかったな・・・と。(^^;
posted by サラミ at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 街の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

吉野家

上海にも吉野家があります。

日本と全く同じとはいきませんが、安いお値段で牛丼が食べられます。

牛丼はおなじみなので、先日、気になっていた「海鮮飯」を食べてみました。
ドリンクとセットで21元。安い。


イメージ 1

味の素的な人工的な中国的なダジがじわーーーーっとしみて、思ったよりおいしいです。
ただ、いかんせん、ごはんがマズイんだなー、中国は。

ドリンクはペプシを頼みました。丼と全然合いませんが。(^^;


このペプシの容器、反対側は・・・。



イメージ 2

中身が牛丼の汁に思えてコワイ。

日本のお店といっても、やっぱりどこかズレているところが中国です。

っつーか、日本でもこの容器なんでしょうか?だとしたら日本もズレているぞ。
posted by サラミ at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

ディープ上海

今日は、南外灘軽紡面料市場(通称:布市場)に行ってきました。

ここは繊維の問屋街で仕立てもしてくれる・・・という市場(でも3階建てのビル)です。
初めて行ったのですが、本来ならば上海駐在妻としては、優雅に市場の実況中継をするべきところ。

しかし、私が衝撃を受けたのは、市場ではなく、その近くのスーパーローカルな風景でした。

イメージ 1

右に小さく写ってるおっさんなんか、三輪バイクに乗ってるし。

イメージ 2

一体どこやねん、ここは。(^^;

実はこの後、この数倍ものすごい通りを抜けましたが、
こちらは住人の方々がたくさんおられたので失礼にあたると思い、カメラは向けませんでした。

まあ、上海万博の前にキレイさっぱり無くなるのは必至ですね。今が見納めです。

私は6年前から上海にちょこちょこ来ていました。
今は無くなってしまったローカルな通りも結構一人で歩き回ったけど、
とにかくここまでボロくて凄まじい上海人のお宅は初めてです。まるで100年前。

地方からの出稼ぎの人達のエリアならまだ分かるんだけど。

ですが、ここって地下鉄の駅から徒歩1分ですよ!

すんごい物件だこと。
posted by サラミ at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 街の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする