2009年02月26日

いただきモノ

先日、不動産仲介業者の担当女性(中国人)から、家の契約更新の際にプレゼントを頂きました。

ジャジャーン!!

キツネの毛皮のマフラーの頭と手足と尻尾付き。純白です。

毛皮好きの私のために、皮市場で買ってきてくれたとか。

それはそれはあまりにデカくて長かったので、紙袋から出した瞬間はびっくりして固まりましたが、
ゴージャスな「襟巻き」に、もちろん笑顔で喜びを表現!!(先方のせっかくのお心遣いです。)

夫はキツネの顔に露骨に引きまくっていましたが、私は比較的平気。
10年前のカナダ北極圏での暮らしの時は、もっとグロいものをたくさん見てきました。

しかし、あまりにもパンチの効いたこの贈り物、夫は「そんなん、する?」と言っていましたが、
面白いのでぜひとも誰かに見せたいと思い、先週勇気を出して、白いコートに合わせてしていきました!

ところが、なんせ大きいので、なんとまあゴージャス!!手足も尻尾もぶら下がってるし。
口がクリップになっている顔の部分は尻尾をくわえると見えなくなるので、
パッと見は顔がついているようには見えません。(顔は正直ヘンなのです。目がキツネと違う!!)

外に出ると、みんな私を振り返る振り返る・・・。白いコートにどでかく白いファーのマフラー。
デカすぎて、ムチ打ちのコルセットのように首は回らず、足元も見えません。
さすがにむちゃくちゃ暖かいけど、かなりケバいし、まともな商売の女には見えないはず。

しかし、そのまま中国結び教室(←先生のご自宅)へ。みなさんにお披露目したら、全員ビックリして大笑い。
先生の飼い猫ちゃん達が、恐る恐る忍び寄ってにおいをかいだりしていました。(^^;
そして、みなさんに「マダム」と何度言われたことか。(笑)

しかし、ウケたのはよかったけど、とにかくデカすぎて動きが制限される!!
さらに、お店に行くと、店内では暑すぎる!!!

極めつけは、道端でこの世のものとは思えないバケモノみたいな巨大ハスキー犬に遭遇!!
絶対目があったら襲われると思ったので、わんこがあっち向いてる間に走って逃げました。

ハデな姿ゆえ、スーパーでもロクに買い物ができず。

パーティーでもなければ、このマフラーは絶対ムリやわ〜〜〜。っていうか、この顔ムリやわ〜〜〜。








ということで、結局我が家のペットということで落ち着きつつあります。

イメージ 1

ね。目がヘンでしょう?
マフラーに見えないでしょう?
でもぬいぐるみにしては胴が長いでしょう?

リアクションに困るわぁ・・・ホンマに・・・。(^^;
posted by サラミ at 22:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 中国いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

日本語がヘン3

こちら中国にもアマゾンなどの通販サイトがあります。

ある中国の胃薬を買いたいと思い、ネット販売していないかな〜と何気なく検索してみたところ、
日本の薬局らしきサイトにヒットしました。

日本語なので薬の説明を読んでみようと思ったら、それがすんごい日本語!!
自動翻訳と誰かが翻訳したらしき部分の両方あり。

アヤシイので会社概要を見てみたら何のことはない中国の会社で、EMSで日本へ発送してくれるそうな。
翻訳者、さては中国人だな。


以下、楽しい例を挙げると・・・




買物籠を確認

正しい日本語に違いありません。竹製でしょうか。



注文商品到着100%保証!
正規品は保証します!

こう書かれるとかえって不安です。



EMSは国際郵便でありながら商品発送から到着までは3〜5日と非常に速。

はやっ!って強調したいのか。



抗饑消どが乾きます片

「抗饑消渇片」という名前の薬なのですが、名前まで訳さなくても。
おまけに「の」が抜けてる気が・・・。



一回1〜2粒を2回。朝食、夕食の30分後に紹興酒またはぬるま湯で飲む。

これ、きっと誤植ではないと思います。お酒と一緒に飲む薬なんて、中国4千年は奥が深いなあ。



薬品を使う時、口の中でくわえて、少しずつ飲み込んでください。

どうやって飲むねん。ヘビか?



1包ごとに湯150ml、攪拌した後に食用。
甘味剤(ミツバチあるいは白砂糖)をプラスすることができます。

・・・ミツバチはイヤだ。




楽しくて楽しくて、このサイトを見てるだけで1日終わりそうです。(^<>^)


でもまあ、中国の会社はこうやって日本人にも食指を伸ばしているのですね。
漢方はいいとして、ここに載ってるバイアグラは絶対ニセモノでしょう。


怪しそうな通販会社にはぜひともお気をつけ下さい。
posted by サラミ at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仙綜林のアフタヌーンティー

仙綜林という台湾式の香港系チェーンのカフェがあります。「rbt」という文字とウサギの絵が目印です。

あのタピオカ入りミルクティーを考案したお店だという話ですが、今や上海のどこにでもあります。

さて、先週ネイルサロンに出かけた私は、激寒の店内で2時間も耐えていたため、すっかり体が冷えてしまい、
とにかく熱い飲み物で体を温めようと思い、店を出てすぐ近くのラッフルズ・シティというファッションビルに
入りました。


ブラブラ歩いていると、ここでも仙綜林を発見。

イメージ 1

客引きの姉さんはニラんでいるわけではありません。これが基本形です。


通り過ぎようとした時、看板に目がいきました。

イメージ 2

下午茶(アフタヌーン・ティー)が29.9元!!大体450円ですよ!!迷うことなく、店内へGO!


イメージ 3

店内には、まだ旧正月の飾りがありました。


カップルに囲まれながら、一人で肩身狭く席を取り、もちろん下午茶を注文。

イメージ 4

すごいな〜、この組み合わせ。
ドリンクは、直訳すると「黒ダイヤ・ライチ・パールミルクティー」です。なんのこっちゃ!

中国語で言う「パールミルクティー」とは、つまりタピオカ入りミルクティーのことですが、
このミルクティーには黒い色をしたゼリーが入っていました。写真で氷のように見えるのがゼリーです。
これがライチ味だったのだろうか・・・?よく分かりませんでしたが、甘さ控えめでおいしかったです。


それよりも圧巻は、この揚げ物3点セット。

イメージ 5

左から、がんもどき(らしき物)、揚げ豆腐、フライドポテト。そして、右の赤いのはチリソースです。

おいしいんだけど、どう考えてもアフタヌーンティーというよりビールのおつまみです。(笑)
モグモグ食べながら、なぜミルクティーとセットなのだろう???という疑問が。

だけど、結構ボリュームもあっての450円は相当安い。


ふと目の前を見ると、ブランコ席に一人で座ってくつろぐ若い男の子が。

イメージ 6

このお店、他の店舗にもブランコ席があるので、コレが売りなのかも知れません。

だけど、一人でよくそんな所に座れるなあ、よくそれでくつろげるなあ・・・と、感心しきり。

上海の昼下がりのカフェは、メニューも光景も、やっぱり不思議だなあ、と改めて思うのでした。
posted by サラミ at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

バレンタインデー

イメージ 1

久々にトリュフを作ってみました。

形はビミョーですが、味はおいしくできました。

写真を撮る前に夫がすでに一個食べてしまったので、右上が欠けちゃってます。(^^;

カードは中国のホールマークのカードで、中のメッセージは中国語です。
中国では、シックなデザインより可愛いカードの方が多いような気がします。
サラミ家ではイベント毎によくカードを送りますが、今回もいつものごとく。

右の小さいお皿の方はおまけで作ったもので、中身はドライストロベリーです。
コーティング用のチョコとココアが少し余ったので、食べかけのドライストロベリーをコーティングしてみたら、
一気に高級チョコの味に様変わりしてちょっと感動!!

ちなみに、チョコは中国製の明治ブラックチョコレート(カカオ45%)を使いました。

高級チョコじゃなくても、これで十分おいしいですよ。(中国では明治チョコは決して安くはないですが。)
posted by サラミ at 00:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

トイレで髪を乾かす掃除係

タイトルの通り、トイレで髪を乾かすトイレ掃除係を見ました。
場所は上海で一番大きなカルフール(仏系スーパー)のトイレです。

私がトイレに入ったその時、掃除係は4〜5人いました。

入口を入るとすぐにハンドドライヤーといくつもの洗面台が目の前に見える間取りで、
髪の長い作業服姿の人が、ハンドドライヤーの下に頭を突っ込んで髪を乾かしている光景が目に入りました。

イメージ 1
←こういうタイプの
 上から下に風がくるヤツ。 


かなり長いストレートの髪を、一心不乱に乾かす彼女。
向こうを向いているので、それが若い女性なのかおばさんなのかは分かりません。

すごい度胸だと思いつつトイレの方に進むと、
三角座りの体勢でトイレの地面に座り込んで寝ている別の掃除係が。

なんだか疲れているようです。

残りの掃除係はモップを持ったまま大声で立ち話をしていました。

この光景を見て、ああ地方の人だから、仕事掛け持ちしてるのかな・・・と思いました。
安月給だから、トイレ掃除だけじゃやっていけないのでしょう、きっと。

そして、髪を乾かしている人の家には、お風呂がないのではないかと推測しました。
それで、ココのトイレの洗面所で髪を洗っているのだろうと。

とすると、この人いっつもココで髪を洗ってるってこと??
今まで目撃したことなかったな。週に何回洗ってるのだろう。シャンプーは?

そして何より、よくあんな弱い風で髪が乾くなあ、と感心しました。
でも、後で自分が使ってみたら、あのトイレのハンドドライヤーは強風でした。納得。

掃除をしている掃除係は一人もいなかったのですが、あれでいいんでしょうか?>カルフールの方。
posted by サラミ at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 街の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする