2017年11月09日

ディアナ・ダムラウ独唱音楽会

先週の土曜日ですが、ドイツのソプラノ歌手ディアナ・ダムラウのリサイタルに行ってきました。

場所は、復興路にある上海交響楽団コンサートホール。中型の音楽ホールです。
私はここの会員になっているので、優先予約で発売当日にオンラインでチケットを買っていました。


1.JPG

こんな感じでダムラウ押しでしたが、実際はご主人のバス歌手ニコラス・テステ
仲良く2人でのリサイタルでした。(ご主人のことは全然知りませんでした・・・)

そして伴奏はオーケストラではなくピアノ。ピアニストのMaciej Pikulskiという人でした。
ポーランドのクラクフ出身だとか。


2.JPG

当日のプログラムはこんな感じで、中国語オンリーだったら撃沈しそうな感じですが、
中国生活が長いので、オペラやクラシックの作曲家や作品名などは、ほぼ読めるようになりました。

彼女のスケジュールを見ると、ご主人と2人でのリサイタルでアジアを巡っているようで、
中国は他にも北京広州もスケジュールに入っていました。

この後日本に行くようですが、プログラムはほぼ同じだと思います。(ワーグナー以外)


3.JPG

今回は、リサイタルだしまあ一番良い席でなくてもいいか〜と380元の席。
ここでも十分聞こえました。(伴奏ピアノだし。)

さて、約2時間のリサイタルでしたが、やはり世界的ソプラノということで、
客層は、どうも声楽を学んでいる音楽学校の女子学生が異様に多かった気がします。

本当に若い女の子がたくさん本気で聴きに来ていました。

マナーの悪さは相変わらずなので、歌っている姿をガッツリ動画で撮るとか、
やりたい放題の感はありましたが、聴いているので喋りまくるような子はいませんでした。

さて、聴いた感想はというと・・・

ダムラウの最後の2曲、影の歌」と「椿姫だけで聴きに行ったかいがありました。

椿姫なんてもう圧巻。最初の方に歌った歌は若い女性の歌なので、可愛いけど
今の彼女には椿姫がしっくり来ていました。見た目にもドッシリと貫禄がついてきたし。

最後の2曲のために他はアッサリと無理せず流して歌ってたみたいな感じはありましたが、
それにしても、全く音程が外れないのはすごいわー。

そして、影の歌なんて、そんな難しい歌をクルクル回りながら歌うって・・・。
小さい声がちゃんとキレイに聞こえるのもすごいけど、やっぱりオーラも違う!

本当は、最後の曲が椿姫ってベタやなーと思っていたのですが、
いやいやいやいや、椿姫ってこんなすごい曲やったんか!」と再認識しました。

旦那さんのテステさんはというと、可もなく不可もなく。
奥さんと比べると声は響かないと思いました。(あんまり声楽向きのホールでないもので。)

あと、ピアノの伴奏なので、バスの曲だとちょっと伴奏が迫力不足な時がありました。
これは分かっていて聴きに来ているので仕方のないことですが。

とはいえ、夫婦仲良くリサイタルに回れて良い人生ですね。

余談ですが、合間にピアニストの方が弾いたリスト編曲によるヴェルディのオペラの曲は、
あくまでも場繋ぎ的に挿入されているのでしょうが、むちゃくちゃ難曲でした。

リストが編曲するとそんな超絶技巧になるんかい、みたいな。

最後、ダムラウはアンコールに中国の歌を歌ったのですが、
中国人はそういうのを異常に喜ぶので、うぉぉぉぉぉ〜〜!!と凄まじい盛り上がり。

しかし、最後の最後にもう一回出てきて、夫婦でウエストサイド物語の「Somewhere」
という歌を歌ったら、ちょっと戸惑ったような「お、おぉ〜」みたいな歓声でウケました。

みんな「思てたんとちゃう」と思ったんでしょうね。(笑)


4.JPG

最後のカーテンコールの様子。右がご主人で左がピアニスト

380元というお値段で良いものを聴かせて頂きました。

posted by サラミ at 19:09| Comment(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

電話が繋がらない

ウチの固定電話が繋がらなくなりました。

ウンともスンとも言いません。
受話器を上げても、本来ランプが点く所も点きません。

電話が壊れているのか、電話回線そのものの不調なのか。

いつものように修理のおっさんを呼びましたが、
あーでもない、こーでもない、と埒が明かないので、

他の空いてる部屋から別の電話を持ってきてよ。
それで問題が解決するならこの電話機が壊れてるだけだから。

と言うと、ああそうか、とウチを出ていきました。
相変わらず頭悪すぎるおっさんであります。

ここはサービス・アパートなので、家の作りは同じです。
どの家にも同じ電話機が設置されています。

さて、電話回線の問題と、他にも壊れているエアコンの室外機
これらが直るのに何日かかるかな。

そしてまだ言ってないけど、2つある冷蔵庫のうちミニ冷蔵庫も全然冷えなくなった・・。

3つ1度に言うと、多分おっさんの頭がパンクするので、
ほとんど物の入っていないミニ冷蔵庫は後回しにすることにしました。

何でこんなに壊れるかねー。特にエアコンの室外機。
これが解決しないと私は外に買物に出られないのであります。不便。

そして、チェックした結果、電話機は壊れていないことが判明。

おっさん曰く、電話会社に電話するとのこと。

そして今回は奇跡的に、電話局の人が来る時間帯も判明。
エアコンの室外機は、いつメーカーの人が修理に来るか不明。

でもまあ、とりあえず今日一つでも直るのならそりゃーよかった。

まだまだ待機生活が続きそうですが。(呆)


posted by サラミ at 16:02| Comment(0) | 家のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

時差ボケ

国慶節にキューバと立ち寄りでメキシコシティに行っていました。

東回りの旅行の時は時差ボケがキツいです。

しかも今回は、行きと帰りにトランジットでメキシコに数時間だけ立ち寄ったり、
帰りはさらにメキシコのティファナで乗り換えがあったりして、
体内時計がめちゃくちゃになってしまいました。

おかげ様で、上海の時間で生活できるまでに1週間かかりました。
それでも、夜すごく早い時間帯に眠気が来ます。

思えば、上海を出発する時は朝1時半起き(私は結局寝なかった)、
現地キューバを出発する時は朝2時半起きでメキシコ行きのフライトで、
そのままティオティワカン遺跡へ。

メキシコシティからはその日の夜便で上海に戻ったのだけど、
メキシコ内でも時差があり、多分実質的にはティファナからは次の日の朝発のフライト。

帰りはほぼ丸二日ちゃんとベッドで寝てなかったんだなー、と思うと、
そりゃー時差ボケだけじゃなくて疲れるよなー、と納得。

とにかく眠くて眠くてしゃーないこの1週間でした。

ぼちぼち自分のペースを取り戻して行けたら。

そして、アホみたいに焼けてしまったお肌のお手入れに必死です!!


posted by サラミ at 16:06| Comment(0) | 日々いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

カーネル・サンダース

地下鉄人民広場駅の構内にて。


20170919KFC.jpg

カーネル・サンダースってこんなヤンキーやったっけ?

中国のケンタッキーが何を目指しているのか分からないw


posted by サラミ at 16:01| Comment(0) | 街の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

高速鉄道で寧波に行く

友達が日本から寧波に来たので、はるばる会いに行ってきました。

上海からは高速鉄道で2時間程度。(ただし距離は結構あります。)

寧波行きは上海虹橋駅から出ます。


1.jpg

虹橋駅までは地下鉄で移動しましたが、鉄道駅に移動する時に
新しいショッピングモールの虹橋天地が見えました。

とまあ、余裕はここまで。

上海虹橋駅は死ぬほど混んでいて疲れます。

まず、地下鉄の地下1階から出発階の地上2階までエスカレーターで上がるのですが、
すんごい人の波なので、このエスカレーターに乗るのに並びます。


2.jpg

そして、次は入口を探して荷物検査のために並びます。
上海はまだマシ。みんな比較的キチンと並ぶから。


3.jpg

手荷物検査の次はパスポート・チェックのカウンターを通るはずですが、
なぜか今回はそのカウンター自体がありませんでした。

厳しいんか厳しくないんか、何がしたいねん?

次は電光掲示板を見て、列車の乗車口(空港でいうゲート)番号を確かめて移動。
乗車口が30近くあるのでギリギリに駅に行くのは危険です。

しかも、列車が長いので、乗車口も(右と左)があり、
これを間違うとプラットホームでアホほど歩かされることになります。

それにしても広い。遠い。


4.jpg

おお。イタリアのシャツ屋のカミチッシマがこんな所に。
中国の高速鉄道駅は、鉄道駅というより空港みたいです。(人間はカジュアルだけど。)


5.jpg

乗車口に到着。列車に乗り込むために並びます。

日本の新幹線とは違い、中国の高速鉄道は出発3分前に改札口が閉まります。
ギリギリに走って列車に飛び乗るのはムリなのです。

そう、中国では、プラットホームに下りる前に自動改札を通らねばならないのです。

とはいう私、大昔の話ですが、閉まった自動改札を飛び越えて
ギリギリセーフで高鉄に乗り込んだことがあります。

昔むかーしの蘇州駅でした。

その時は、乗車口に誰もいなかったので止める人もいませんでした。
他にも自動改札を飛び越える人がいたのでマネをしたのでした。

今は監視が厳しくなっているので、あれやったら怒られるでしょうね〜。


6.jpg

プラットホームに下りると、列車に乗るまで並びます。

私の車両は4号車だったのですが、そこはもう何の標示もなくて、
人民のみなさんが何を根拠に並んでいるのか謎。

何度も乗っているから「ここに来る」というのを知って並んでいるのか、
前に人がいたからそこに並んでいるのかホント謎でした。

ちなみに、車両には前と後ろ2つ乗降口がありましたが、
降りる人は前、乗る人は後ろ、と決まっているらしく、
上海では皆さんキチンと並んでいました。

いやー、すごいなー、ちゃんと並ぶ上海のみなさん。


7.jpg

そして高鉄(G列車)の2等席へ。足元が広いのでこれで十分です。


8.jpg

この車両は「ABC児童靴」とかいう靴屋がスポンサーらしく、
車内アナウンスもABC児童靴という言葉を連発。前にこんなのあったっけ?

ちなみに、帰りの高速鉄道では、保険会社がスポンサーでした。

車内には何度も売り子さんも来るので、飲み物など彼女から買えます。
が、私は今まで買ったことがありません。駅にも売ってるし。

約2時間後、列車は無事に寧波駅に到着。

列車そのものは快適(多少うるさいけど)ですが、やはり並ぶのが疲れます。

特に上海虹橋駅が。

次にここを利用するのはいつになるかな〜。




posted by サラミ at 17:55| Comment(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする